STEP 3​  リズム&自動伴奏 〜 PART 1

 

START  まずは苦手意識を取り除こう!

 STEP1 好きな音色(トーン)を選んでメロディを弾いてみよう!

 STEP2 コード(カシオコード)の法則を覚えよう!

 STEP3 好きなリズムを選んで、自動伴奏を使って、かっこよく弾こう!

      PART 1 (左手)リズム&自動伴奏&カシオコード

                 PART 2  (両手)1曲をかっこよく仕上げる​​

STEP 3

Part 1

キーボードには音色(トーン)と同様、様々なリズムが内蔵されています。

​8ビート、スイング、ワルツ、サンバ、16ビート、バラード、レゲエ・・・etc.

機種によって数は違いますが、ミニキーボードで50種類ぐらい。

ベーシックキーボードだと50〜200、中には200種類以上のものも!

リズム選びの操作方法を覚えよう!

リズムボタンを押してからテンキーで数字を選ぶ方法が標準的な選び方ですが​

機種によっては異なることもありますので、取扱説明書でご確認ください。

​リズムの番号は機種によって異なります。

キーボード上にリズムの番号や名前が表記されている機種もあります。

​​リズム ボタンを押す

② リズムの番号を選ぶ

あれ? トーン選びの操作方法と

ほとんど同じだね🎵

色々なリズムを聴いてみよう!

 操作手順 

リズムボタンを押す → リズムの番号を選ぶ → スタートボタンストップボタン

例:バラード系、ロック系、ラテン系の3種類のリズムを選んでみました

​ピアノバラード(リズムのみ)

​ロックアンセム(リズムのみ)

​レゲエ(リズムのみ)

リズムの違いが全然わかりません・・・(涙)
​ドラムの音しか聞こえないし。
​(←初心者)

​ですよね〜?

ドラムの音が聞き取れたら十分です!

リズムを単体で使うことはあまりないんです。

ここで力を発揮するのが、

自動伴奏機能カシオコードなんです。

リズムに、自動伴奏とカシオコードを加えると、

さて、どうなるでしょう?

自動伴奏付きのリズムを聴いてみよう!

自動伴奏を鳴らすには、ACCOMP(伴奏)ボタンを押す操作が必要です。

ピアノバラード(自動伴奏付き)

​ロックアンセム(自動伴奏付き)

レゲエ(自動伴奏付き)

​ぜんぜん違う〜〜!!

同じリズムとは思えない!!

​びっくり!!

びっくり!!

​そうなんですよ〜 だから自動伴奏機能をおぼえてほしいんです!

さらに、​こんなことも!

ストップボタン の代わりに、エンディングボタン

というのを使ってみると〜🎵

ピアノバラード(自動伴奏&エンディング付き)

​曲の終わりを華やかに飾ってくれる

​エンディング機能

​エンディング、

きれいだね〜〜🎵

もっといっぱい

​あそびたい〜

リズムの数が100種類あれば、エンディングも100種類用意されています。

リズムを変えるたび驚かせてくれる、素敵なエンディングの数々!

エンディングの音楽を聴くだけでも十分楽しめます。

自動伴奏機能とは

その名の通り、自動で伴奏をしてくれる機能です。

​ロックならロックの雰囲気で、バラードならバラードの雰囲気で、

​バックバンドのように華やかに盛り上げてくれます。

リズムが100種類のキーボードであれば、伴奏パターンも100種類用意されています。

しかし!

ちゃんと​コードを弾かなければ、伴奏は鳴ってくれません。

つまり!

演奏者とキーボードの共同作業によって、

素敵な音楽が完成するんです🎵

だから、達成感も大きいのかもしれませんね!

PART 1

いよいよ次は

​最終ステップ!

覚えた機能をフル稼働させて

1曲を両手で仕上げますよ〜!

PART 1

PART 1