内蔵曲を演奏の練習に活用しよう!

キーボードを買ったら楽譜集がついていて得した気分!

でも、一度も使ったことがない・・・

という方が実はとても多いのです。なんと、もったいない・・・!!

内蔵曲と楽譜集があれば、練習に活用できるだけでなく、

​簡単にセッション気分も楽しめるんですよ。

どのキーボードでもできる使い方を​ご紹介してみますね。

光ナビゲーションキーボードをお持ちの方は、光ナビゲーションキーボードの使い方ページもあわせてご覧ください。

1

​練習する曲を選ぶ。

​・内蔵曲を聴いて選ぶ

・ソングリストから選ぶ

​・楽譜集を見て選ぶ

自分が弾きたい曲を選びましょう!

​楽譜は、拡大したり音符にドレミのふりがなをふるなどして、

見やすい楽譜にしておく。

キーボードの取扱説明書の巻末近くの『資料』という項目の中に、『ソングリスト』があると思いますので探してみてください。曲目を一覧で確認することができます。

2

​曲を再生しながら、楽譜を見る。

①曲をよく聴く

​②曲のテンポを遅くして、再生しながら、楽譜を見る。

​③何度も聴きながら楽譜を見る。

​繰り返しているうちに、楽譜が見やすくなる(気がする)

かもしれません(^^)/ お試しください。

テンポボタンで速さを調節してください。

​(曲の再生中でも調節できます)

3

曲を再生しながら、

お手本演奏の音に合わせて弾く。

最初に、テンポ設定をしてから再生してください。

​練習は、できるだけ、ゆっくりのテンポから始めましょう

一気に全部弾こうと思わず、2〜4小節ぐらいずつ練習してみてください。(CDプレイヤーのように、好きなところで止めたり戻したりしながら、お手本演奏をフルに活用してください

​『一時停止』ボタンは、とっても便利!

練習する箇所をフレーズごとに指定したり、片手ずつパートの音を消したり、

さらに丁寧に練習するための機能もあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

4

弾けるようになったら、

セッションを楽しもう!

お手本演奏に、自分の好きな音色で「参加」することができます。

​まるでセッションしているような、ステキな気分が味わえますよ!

①曲を選ぶ

​②テンポを設定する

​③音色(自分が演奏する音色)を選ぶ

④曲を再生し、一緒に演奏する

音色(トーン)の選び方は、こちらをご覧ください。

​*キーボードの色々な楽しみ方 STEP1(音色トーン)

〜〜♪

ショパンのピアノ曲『ノクターン』​のお手本演奏に「ハーモニカ」の音で途中から参加してみました。

(1分弱のサンプル音源です)

ノクターン+ハーモニカ

内蔵曲と楽譜集、

自分に合った楽しみ方で、​どうぞご活用くださいませ。

弾くのと聴くのと、どっちが好き?

​内蔵曲・目的別活用法

内蔵曲は、色んなことに活用できるんです!ぜひ使ってくださいね

内蔵曲で

​歌う

脳トレに

活用する

演奏の練習に活用する

光る鍵盤で

​楽しむ

Let's Enjoy keyboard 〜♪